ニキビ跡の治し方は?改善方法を研究!

ニキビ跡とシミの関係は?

 

ニキビ跡は、シミ状の色素沈着タイプのものが結構多いです。

 

これは、ニキビの炎症で肌細胞が刺激を受けてメラニン色素をつくってしまうことが原因。

 

なぜ、ニキビが治った後もメラニン色素がとれずにニキビ跡になるのでしょうか。

 

これは肌細胞がダメージを受けて、正常なターンオーバーをおこなえなくなってしまうためです。

 

また、ニキビが治った後もダメージが回復しなければ細胞はメラニン色素をつくり続けます。

 

その結果シミ状のニキビ跡は、一年以上経っても消えずに残ってしまうのです。

 

ちなみに、このシミ状のニキビ跡ですがシミとの違いはわかりますか?

 

シミは紫外線を浴びることで肌細胞が刺激を受けて、メラニン色素をつくることでおこります。

 

原因は異なり、ニキビ跡とシミには「肌細胞が刺激を受ける」という共通点があります。

 

つまり、どちらもメラニン色素によって色素沈着がおこります。

 

紫外線は色の濃いものに吸収されるので、シミ状のニキビ跡は紫外線の影響をとても受けやすいです。

 

シミ状のニキビ跡が治りにくいのは、この紫外線の影響がとても大きいから。

 

紫外線で肌細胞が刺激され続けるので、細胞がメラニン色素をつくり続けてしまいます。

 

そのため、ニキビ跡でありながら、じつはシミである…ということも珍しくありません。

 

ニキビ跡の改善には日頃の紫外線対策も、とても大切なのです。

 

ニキビ跡をシミにしないためには紫外線対策は夏だけでなく、冬もおこなう必要があります。

 

一年を通して、しっかり紫外線対策をおこなって、ニキビ跡を治していきましょう。

 

 

 

ニキビ跡と赤ら顔の関係

 

ニキビ跡は肌の基礎体力が低くかったり、肌が弱い人、敏感肌の人にできやすいです。

 

肌が弱い人や敏感肌の人に多く見られるのが、顔が赤く見える「赤ら顔」です。

 

人間の肌は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からできています。

 

普通の人の表皮の厚さは約0.2mmほどの大きさ。

 

しかし肌が弱い人や敏感肌の人は、普通の人にくらべ表皮がとても薄い状態です。

 

表皮が薄いと温度や湿度などの外からの刺激が、真皮や皮下組織にストレートに伝わってしまいます。

 

その刺激によって真皮の毛細血管が拡がり、顔が赤く見えのが赤ら顔です。

 

このような赤ら顔になりやすい人は、肌のダメージも受けやすくなります。

 

そのためアトピー、乾燥肌、ニキビなど、さまざまな肌トラブルも起こしやすくなります。

 

とくに、ニキビができやすく、さらにニキビ跡も残りやすくなります。

 

赤ら顔になりやすい人は、肌の炎症が治りにくいので、ニキビが長引き悪化しやすいです。

 

ニキビが長引き悪化すると、それだけ肌細胞も大きなダメージを受けてしまいます。

 

さらに肌が乾燥すると、角質層の形成も正常におこなえません。

 

そのため赤ら顔になりやすい人は、深刻なニキビ跡もできやすいのです。

 

とくに大人になってからできるタイプの「大人ニキビ」は、肌の乾燥が大きく関わっています。

 

また大人になると新陳代謝も鈍り、ニキビ跡にもなりやすくなります。

 

肌が乾燥しやすい赤ら顔の人は、大人になってもしっかりとした、ニキビ・ニキビ跡の対策が必要となってきます。

 

 

ニキビ跡のためのサプリメント

 

ニキビ跡を治すには、ニキビ跡に直接アプローチをする外側からのケアが必要です。

 

基本的な方法では洗顔方法を見直して、ニキビ跡用のスキンケア用品を使うやり方があります。

 

ニキビ跡には、まずは自分でおこなえるニキビ跡ケアが大切です。

 

なぜなら、ニキビ跡のケアは新しいニキビ跡をつくらないためにも重要だからです。

 

ニキビ跡のスキンケアに役立つのが、サプリメント。

 

スキンケア用品を見ればわかるように、ニキビ跡にはいろいろな成分が必要です。

 

サプリには体の中から補ってあげられるものも多くあります。

 

体の外と中の両方からアプローチすれば、ニキビ跡を早く治すことができるでしょう。

 

 

ニキビ跡に中からアプローチする栄養素

 

  • ビタミンB2・B6
  • ビタミンA(βカロチン)
  • ビタミンC
  • L-システイン
  • プラセンタ
  • 大豆イソフラボン

 

このような栄養素に、外からのニキビ跡ケアを助ける働きがあります。

 

そして、新しいニキビができないように予防をする効果が。

 

栄養素は毎日の食事で摂るのが基本ですが、それだけではなかなか足りません。

 

ニキビ跡は肌の傷跡、傷跡を治すためにはそのための栄養が余分に必要となってきます。

 

食事に加えて、これらの栄養素をサプリメントで補ってあげるのが大切です。

 

サプリメントなら、食事ではなかなか摂れない栄養もしっかり摂ることができるでしょう。

 

ニキビ跡のケアは根気が必要です。

 

少しでも早く治すためにも、ニキビ跡に必要な栄養素をしっかり摂ってくださいね。

 

ニキビ跡のケアはサプリ以外に美容液でケアする方法もあります。

 

口コミでも人気のベルブランがオススメ。

 

 

 

ニキビを悪化させないために

 

ニキビを悪化させないためには、日頃のスキンケアがとても大事です。

 

また、その他にも絶対にやってはいけないことが、いくつかあります。

 

まずひとつめが、ニキビを潰して刺激をあたえること。

 

とくにニキビの初期段階である白ニキビと黒ニキビを潰してしまう人がいます。

 

白ニキビと黒ニキビの中には膿みが溜まりやすいです。

 

この膿みを出してしまったほうが、早く治ると思っている人がいます。

 

潰すことで逆に悪化してしまい、ニキビ跡になってしまう場合も…。

 

クレ−ター状のニキビ跡で悩む人には、ニキビを潰してしまった人が多いです。

 

ニキビを潰すことでダメ−ジが真皮にまで及んで凹凸が、できやすくなってしまいます。

 

また、ニキビを悪化させる原因になるのがクレンジングシートです。

 

手軽で簡単だからと、メイクをクレンジングシートで落としていないでしょうか?

 

クレンジングシートではメイクをキレイに落とすことはできません。

 

さらに汚れを毛穴に押し込んで、ニキビが悪化してしまうことも場合もあります。

 

またシートで拭きとる時に、直接ニキビを刺激してしまうことにも…。

 

クレンジングシートにはオイルの入ったものが多いです。

 

オイルは肌を酸化させてしまうので、肌のためにもよくありません。

 

ニキビの悪化を防ぐには、"ニキビに刺激を与えない"ことがとても大切です。

 

潰したり絞ったりするやり方は、絶対にNG。

 

面倒でも時間をかけて、正しい方法で洗顔をおこなうことが大事です。

 

そうするには、ニキビの悪化を防いで肌を回復させることができます。

 

 

ニキビと漢方薬

 

ニキビの症状が、洗顔やスキンケアだけでは改善しにくい人も多いはず。

 

レーザーやピーリングなどの積極的な治療は、なかなかという人もいます。

 

そういう人には、漢方薬での体質改善がオススメ。

 

漢方薬はすぐにニキビが治る、ニキビができなくなるというものではありませんが穏やかに体質を改善するので長期的に見るととても効果が高いです。

 

ニキビを予防・治療するには、体質改善は、かなり重要。

 

今すぐニキビが治るというものではないけど、1年後にニキビができにくくなるかも?

 

そう考えると体質改善が、ニキビにいかに有効かがわかるはず。

 

でも規則正しい生活や食事だけでは、なかなか体質の改善はできないですよね。

 

そこで漢方薬を使い体質改善のサポートをしてあげるといいでしょう。

 

東洋医学の漢方は、病気や体質をさまざまな視点からとらえます。

 

病気などの体の外へ出てくる問題は、すべてもとになる原因があるからです。

 

そのもとになる原因を正す、つまり体を変えるという考え方が漢方。

 

体質を変えて自己治癒力を高めることで、病気やさまざまな問題を治します。

 

この考え方はもちろん、ニキビにも有効的。

 

漢方ではニキビをホルモン、冷え、血行、胃腸などが原因として考えます。

 

もちろん、それらは本来の体質によっても変わるので、漢方薬もいろいろですが漢方薬は自分の体質に合ったものを飲まないと意味がありません。

 

専門店でしっかりと症状を見て診察して、自分に合うものを処方してもらうのが一番です。